会見記録/昼食会/研究会

2005年11月2日   

氏名 ニカノル・ドゥアルテ・フルートス Name Óscar Nicanor Duarte Frutos
パラグアイ Nation Republic of Paraguay
肩書 パラグアイ大統領 Title President

記者による会見リポート

メルコスル4カ国の結束

「南米大陸の真ん中に位置し、人口600万人の農業輸出国……」。大統領がまず国の概要を説明したパラグアイは、日本ではあまりなじみのない国だが、約150年前、ラテンアメリカの先進国だった。欧州の技術を積極導入し、ラテンアメリカ初の義務教育制度も確立した。

ところが1864~70年、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイの3国相手の不運な戦争で国土は荒廃、人口も半減し、風向きは変わってしまった。そして今、パラグアイはこの3国と南米南部共同市場(メルコスル)を組織し、経済発展を目指している。

「政治も経済も安定している。低い税率と安い労働力もある」とPRしたように、来日の最大の目的は投資の呼びかけだった。大統領の肝いりで昨年着任した田岡功駐日大使は徳島出身の日系1世。もちろん対日経済関係強化を図る人事だ。今回の来日でイグアス水力発電所建設に214億円の円借款を実現。「パラグアイへの投資について日本の経済界と会合を持ち、大きな関心を持ってもらった」と成果を評価した。

パラグアイは南米で唯一、台湾と外交関係を維持する国だ。中国との関係をどうするのか。それを問われた大統領は「非常に興味深い状況だ。台湾と外交関係があるが、中国との国際収支は台湾を上回っている」とだけ述べた。来日直後、アルゼンチンであった米州首脳会議では、パラグアイはメルコスルの一員として、米主導の米州自由貿易地域(FTAA)に対する慎重姿勢を貫いた。メルコスル4カ国の結束を示す現実に即した対応だ。対中関係においても、興味深い状態から現実に即した状態に切り替える日は近いだろう。


毎日新聞外信部 庭田 学
フォトギャラリー
  • アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ 駐日大使

    アンドレ・コヘーア・ド・ラーゴ 駐日大使2016/08/05

  • 黒田順子 米マーシー大学客員教授

    黒田順子 米マーシー大学客員教授2016/08/02

  • 「ザ・テノール 真実の物語」/ベー・チェチョル

    「ザ・テノール 真実の物語」/ベー・チェチョル 2016/08/01

ページの一番上へ